保育士になりたい

保育士不足の解消

 待機児童の問題と同時に、保育士不足も全国的に問題となっているようです。

就業希望者自体が少なくなっているばかりか、就職してもすぐに辞めてしまうなど定着率も問題となっています。

 政府も対策に乗り出しています。

12年度の緊急経済対策で、既存の「安心こども基金」に438億円を確保しました。

保育士の待遇を改善するため、給与を増額する助成のほか、保育士経験のある「潜在保育士」の再就職支援や、保育士を目指す学生への修学資金の貸し付けにも取り組んでいます。

また、都道府県単位でも様々な処遇改善の施策に取り組みはじめています。

 

 待遇面での問題で、保育士の職から離れている方は、今が再就職のチャンスかもしれませんね。

 

 

前のページへ

ページトップへ