保育士になりたい

男性の保育士

 昔は「保母さん」と言われていたように、保育士といえば女性のお仕事の代表でした。

しかし、最近では、男性の保育士も増えてきているようです。

小学校就業前の子どもであっても、力が結構強かったりします。しかも手加減をまだ知らなかったりするので、全力でぶつかってきて、痛い目にあったりします。そういうときに、男性の保育士は有利かもしれません。また、子ども達にとっても、一緒に遊べるお兄さんの存在は嬉しいと思います。

 

保育士の求人

 保育士の就職先といえば、保育所・保育園がまず思い浮かびますが、ほかにも働く場はたくさんあるようです。でもまず人気があるのは、保育園のようですね。地方公務員ですし。

 最近は、民間の企業が経営する保育園も増えてきているようです。

 児童養護施設や知的障害施設、児童厚生施設などでも、保育士を配置する義務が課せられていますので、保育士資格を持っていると、このような施設でも活躍できそうです。

 また、保育士を配置する義務がなくても、保育士としての知識・能力が必要な職場として、児童館や学童クラブ、院内保育や児童家庭支援センターなども、働く場として選択肢の一つです。

 夏休みなどは、臨時で学童保育などの募集もあるみたいです。

 

前のページへ

次のページへ

ページトップへ